横浜合唱協会
Yokohama Choral Society

 

第70回定期演奏会/J.S.バッハ「ミサ曲 ロ短調」 "Dona nobis pacem"
Cond.:柳嶋耕太,Sop.:中山美紀,Sop.:鈴木美登里
Alto:小川明子,Ten.:谷口洋介,Bass:青山貴
Orch.:オルケストル・アヴァン・ギャルド
撮影:スタッフ・テス

ようこそ横浜合唱協会のホームページへ

私は小学生時代、ラジオでリアルタイムにビートルズの歌を聴いた世代です。素晴らしい音楽とハーモニーに感動し、学生時代は1人で多重録音をするのが趣味となりました。混声合唱団にも所属してモーツァルトやベートーベンの宗教曲に触れましたが、バッハだけは演奏は知っていても歌う機会がありませんでした。

香港に単身赴任していたときに不思議な縁で本会(通称YCS)と繋がりができました。2007年に帰国してすぐに念願のバッハのロ短調ミサを歌う機会に恵まれ、やっぱりバッハはすごい、それが第一印象だったことを今でも覚えています。

バッハの音楽にはあらゆる要素が凝縮しています。ポリフォニックで複雑なメロディの絡みも、壮大なホモフォニーの和音の流れも“素晴らしい”の一言につきます。それを演奏できる喜びは例えようもありません。音楽を通して喜び、悲しみ、嬉しさ、つらさ、あらゆる感情を想起させ、歌う経験そのものが至福の時を刻むのです。ハーモニーを愛する私にとってバッハは汲めども尽きない音楽の楽しみを追体験させてくれる存在なのです。

どうぞ皆さん、YCSのこれからの活動にも注目し、演奏会にも足を運んでいただければと思います。そして歌いたくなったらいつでもいらっしゃってください。

横浜合唱協会 代表:清水 光洋

Yokohama Choral Society

お知らせ

中止となった第71回定期演奏会は内容を再構成して実施することとなりました。詳細をこちらにアップしました。また、緊急事態宣言解除に伴い、通常練習も開始しましたが、感染予防対策については引き続き継続しております。状況についてはこちらの方にも記述しております。引き続きよろしくお願いします。

Yokohama Choral Society

横浜合唱協会の概要

横浜合唱協会 運営委員長

横浜合唱協会は1970年に創立され昨年50周年を迎えました。長い歴史のなか、常に会員一人ひとりの歌唱技能およびアンサンブル技能の向上と、風通しの良い運営を心掛けてきました。2018年6月より新進気鋭の指揮者柳嶋耕太氏を迎え、これまで通りバッハを中心にバロックからロマン派、近・現代曲にも挑戦していきます。
 コロナ禍により活動に苦慮していますが、可能な限り感染予防対策に努め、状況に応じてリモートも駆使し活動を継続しています。

詳細はこちらです。

SNSは以下です。

 

 

Yokohama Choral Society

横浜合唱協会からの
お知らせ

 

Yokohama Choral Society

 


top
bottom