横浜合唱協会
Yokohama Choral Society

 

第68回定期演奏会/Cond.:柳嶋耕太,Sop.:本宮廉子
Orch.:東京バッハ・カンタータ・アンサンブル
(撮影:スタッフ・テス)

ようこそ横浜合唱協会のホームページへ

私は小学生時代、ラジオでリアルタイムにビートルズの歌を聴いた世代です。素晴らしい音楽とハーモニーに感動し、学生時代は1人で多重録音をするのが趣味となりました。混声合唱団にも所属してモーツァルトやベートーベンの宗教曲に触れましたが、バッハだけは演奏は知っていても歌う機会がありませんでした。

香港に単身赴任していたときに不思議な縁で本会(通称YCS)と繋がりができました。2007年に帰国してすぐに念願のバッハのロ短調ミサを歌う機会に恵まれ、やっぱりバッハはすごい、それが第一印象だったことを今でも覚えています。

バッハの音楽にはあらゆる要素が凝縮しています。ポリフォニックで複雑なメロディの絡みも、壮大なホモフォニーの和音の流れも“素晴らしい”の一言につきます。それを演奏できる喜びは例えようもありません。音楽を通して喜び、悲しみ、嬉しさ、つらさ、あらゆる感情を想起させ、歌う経験そのものが至福の時を刻むのです。ハーモニーを愛する私にとってバッハは汲めども尽きない音楽の楽しみを追体験させてくれる存在なのです。

どうぞ皆さん、YCSのこれからの活動にも注目し、演奏会にも足を運んでいただければと思います。そして歌いたくなったらいつでもいらっしゃってください。

横浜合唱協会 代表:清水 光洋

Yokohama Choral Society

横浜合唱協会の概要

横浜合唱協会 運営委員長:大石康夫

1970年に生まれた横浜合唱協会。現在49歳。脂の乗り切った時期を迎えていますが、合唱は常にもう一歩前進を目標としています。2018年6月より30代の若き指揮者、柳嶋耕太氏を迎え、新たな時代に入りました。これまで通り「バッハを中心に歌うこと」を忘れず、バロックからロマン派、時には近・現代曲にも挑戦していきます。

詳細はこちらです。

SNSは以下です。

 

 

Yokohama Choral Society

横浜合唱協会からの
お知らせ

 

Yokohama Choral Society

 


top
bottom